メニュー

Close

HOME

診療について

物忘れ外来

物忘れ(認知症)をきたす疾患はいくつもあります。しかし、頻度でみるとわが国では日本ではアルツハイマー型認知症脳血管性認知症レビー小体型認知症が3大認知症性疾患として挙げられています。

当クリニックの「物忘れ外来」では、これら3大認知症性疾患やその他の認知症性疾患(ピック病などの前頭側頭型認知症など)をきちんと鑑別していくために、いくつかの心理テスト(短期記銘力障害の程度や作業能力の障害の程度を評価するテスト)を積極的に活用し、認知症の早期発見、早期治療に努めています。

なお、頭部MRIなどの画像診断は院長の母校である、近隣の聖マリアンナ医科大学病院に依頼しております。

心理テスト

診察場面ですぐ行うスクリーニングテスト
改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)

短期記銘力障害を評価するテスト
聖マリアンナ医大式コンピューター化記憶機能検査(STM-COMET)
アルツハイマー型認知症ではまず初めに短期記銘力障害が出現するので、その早期発見に最も有用なテスト。

作業能力を評価するテスト
認知機能検査(COGNISTAT)など

アルツハイマー型認知症と前頭側頭型認知症を鑑別するテスト
ウイスコンシンカードソーティングテスト(WCST)など

▲ ページのトップに戻る