メニュー

発達障害外来

発達障害外来 

発達障害には、大きく分けて自閉症スペクトラム症(ASD)、注意欠如多動症(ADHD)、学習障害(LD)などがあり、これらは相互に合併することがあります。
発達障害は、幼少期からその特性が連続して存在しています。したがって、診断のた
めには、幼少期からの生育歴をお聞きし、発達障害の特性が存在するかどうかを確認
します。

さらに、各種心理テストを行って、診断をしていきます。
また注意欠陥多動症においては、効果のある薬がありますので、患者様のニーズに合
わせて、薬物療法を行うことで日々の生活において、生活しやすくなることがありま
す。

 心理検査:WAIS-Ⅲ(Wechsler Adult Intelligence Scale-Third Edition)

      MSPA(Multi-dimensional Scale for PDD and ADHD)

      AQ-J(Autism-SpectrumQuotient-Japanese version)など

初診予約専用電話:044-934-8505(9:30~17:00)へご連絡ください。

 

発達障害の合併

 発達

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME